【うつ病】障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者/女性(30代)
病名/うつ病
受給することが決定した年金種類と等級/障害基礎年金2級
支給月から更新月までの支払い総額/約2,500,000円

相談時の相談者様の状況

二人の子育てで育児に追われ家事がうまくできず、しかし夫からの援助はなく、実母から援助を受けていた。ストレスで過食をするようになった。夫と話し合いをしても口論になり、夫が逆上し家に帰って来なくなった。ストレスで不眠になり、気を紛らわす為に子供を保育園に預けて短時間のパートに出たが、不眠・食欲不振・全身倦怠感・情緒不安定で抑うつ状態になり、病院を受診「うつ病」と診断され治療を継続した。休みがちながらもパートをなんとか継続し夫との復縁を望んだが、夫が全く帰って来なくなり、助けを求めた先の義父母と対立し人間不信に陥った。不眠・過食・希死念慮も発生し仕事に行けなくなり、自宅に引きこもるように。障害認定日頃は、すべての人が信じられなくなり幸せそうな家族連れを見るだけで、涙がでるようになっていた。抑うつ状態で朝起きれず、子供の保育園送迎もできず、母親に迷惑を掛け、子供に色々してあげたいのに何もできない自分に対して罪悪感が強くあり、現在も抑うつ状態で、実母に生活の支援を受けてなんとか生活している。

相談から請求までのサポート

主治医が障害年金に理解がある方だったため、主治医から当センターを紹介されお電話をいただきました。障害認定日から1年弱経っていたため、遡求分も合わせて申請いたしました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、また幼いお子さんが2人いらっしゃったため子の加算も合わせて年間約1,230,000円もの年金が支給されることになりました。また1年弱の期間の遡求請求も審査が通り、約1,000,000円が一時金として支給されました。
精神科のドクターが障害年金を案内してくださることは多くありません。残念ながら申請に協力的でないドクターもいらっしゃいます。しかし該当疾病の場合もあり、権利があるにもかかわらず受給されていない方もたくさんいらっしゃいます。ドクターが協力的でない場合もドクターと面談を行い理解いただいたケースも多々ございます。無料相談を行っておりますので、お一人で悩まずにぜひご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP