【気分変調症】障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者/女性(40代)
病名/気分変調症
受給することが決定した年金種類と等級/障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支払い総額/約1,200,000円

相談時の相談者様の状況

2度結婚し2度離婚を経験。2児の育児と家事、仕事を1人で頑張っていたが、職場の人間関係や勤務内容でしんどくなり、家事や育児もおぼつかなくなった。抑うつ的で意欲がなくなり、精神科クリニックを受診、「うつ病」と診断され薬物療法を受けるも症状の改善に乏しく転院。転院先でも薬物療法を続けていたが症状に変化がなかった。手伝いにきた実母と折り合いが悪くなりさらに不安定になり再度転院。薬物療法を受けているが、抑うつ的で意欲が低下し横になっていることが多い。経済的な心配が常にありその思いから不安感が強まってしまっている。相談にいらしたタイミングでも障害者雇用で仕事をされており、週3日4時間の勤務で月に約5万円の収入があった。

相談から請求までのサポート

症状がではじめた頃に当センターに問い合わせいただき面談させていただきました。しかし主治医からは働ける状況だと判断され協力いただけず、当時はお力になることができませんでした。月日が経ち、症状が悪化したタイミングでもう一度ご相談をいただき、申請のお手伝いをする運びとなりました。

結果

障害厚生年金3級が決定し、お子様の加算も含めて年間約60万円もの年金が支給されることになりました。主治医にお願いした診断書は日常生活がおおむねできると読み取れるものでしたが、ご本人からの聞き取りと照合し、病歴申立書でご本人のしんどさを訴えるものに仕上げました。現在は精神疾患の病名での審査が厳しくなっておりますが「うつ病」ではなく「気分変調症」という病名での診断でも問題ございません。またお仕事をなさっていて収入があっても受給できる可能性がございます。初回は無料相談を行っておりますので、お一人で悩まずぜひご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金 無料相談受付中!
無料相談会 ご予約受付中!
PAGE TOP